Home

事前に知る知識

工法について知っておこう

不動産

注文住宅を建築する場合、価格やデザイン、建築会社を知っておくことは重要です。ですが、住宅の工法についても知っておきましょう。 現在日本には大きく分けて2種類の工法があります。一つが木造軸組工法というものです。もう一つがツーバイフォー工法と呼ばれるものです。どちらも注文住宅でよく使われる工法です。 では、木造軸組工法とはなんでしょうか。木造軸組工法は日本に古くから伝わる工法です。この工法の特徴は、住宅の骨組みを柱と梁で造り、そこに壁や屋根などを加えていくという工法です。この工法の良い点は、どの建築会社でもこの工法は身に着けているため、建築会社を限定する必要がないことです。また、玄関や窓などの間口を広めに作ることができるのも特徴です。

それぞれの良い点や問題点

その一方で、この工法には、価格が高くなるという欠点があります。ですが、古くから日本に伝わっている工法ですので、日本で注文住宅を建てるのならこの工法がいいという人も多いのです。 これに対して、ツーバイフォー工法は、2インチ(5センチ)と4インチ(10センチ)の縦横の長さの木材を利用して建てる工法です。この工法の良いところは、地震に強い点や、気密性が高い点です。また、価格も安い点です。これに対して問題点があるといれば、窓やドアなどの開口部分が広く取れないことや、リフォームやリノベーションをしにくい点です。 このように注文住宅を造る時の工法にもそれぞれメリットだけでなく問題点もありますので、将来的なことも考えて工法を選んでみましょう。